入浴する際、身体を高温低温交互に維持する

私は以前仕事、人間関係のストレスでイライラし、夜眠れなくなり寝てもすぐに目が覚める。
こういったことが、しばらく続き、日常生活にも悪い影響が及んでいました。
日常でイライラ、それにより眠れないという負のループ、循環というやつです。
そこで私がループから抜け出し、ストレス解消するために行った方法はシャワーを浴びる際には高低温交互に浴びるのを数回繰り返すことです。

これによって血行促進や身体の表面体温上昇から深部体温の低下にもつながる。
その結果、自律神経を整える効果が期待できるとどこかで聞いたことがありました。
実際私自身実践すると入眠良好、持続、朝の目覚めもかなりよくなりました。

そこから入眠困難、早期中途覚醒といったことも大幅に減り、イライラすることもかなり減りました。
さらに、悪循環から抜け出したことによって、普段日常の生活も相乗効果的に改善しました。
結果、改善によってストレス軽減の効果を得られました。

私は幼少期より、顔色伺いをする癖がありました。
人より、ストレスを感じやすかったと思います。
ストレスを実感したのは社会人1年目です。
先輩からの暴言と暴力に対して、耐えられなくなりました。
上司に相談すると、私が悪いと言われました。

それから、自分を押し殺すようになったのです。
転機は、社会人3年目でした。
臨床心理士さんと出会いました。
認知行動療法という、考え方を変える訓練を教わりました。

まず押し殺してきた自分の吐き出しました。
何に対して快と、不快と感じるかを調べました。
そこで見えてきたのは、不快の感情には別の考え方ができることでした。
私は不快の感情に対して、膨れ上がるように考えを反芻させてしまっていました。

反芻を抑えるには、考えないようにすること。
また、気を紛らすなどがあります。
私は不快の感情があった時、今は考えなくて良いと捉えるようしました。
結果、負のスパイラルが治まりました。
楽しいことを考える時間が増えました。

よりキレイを目指す“あなた”にお奨めしたいクレンジング♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です